どうして腰痛になるのか

ホーム

 

 

こんにちは。

自由が丘整体院の永井です

 

皆さんが悩んでいる

どうして腰痛になるのかについて少し書きますね。

 

 

「ビジネスマンは腰が痛い」

 

という話はよく聞きます。

 

どうして腰が痛くなるのか

 

ということですね。

 

よーーーーくわかります。

 

私もそうですから。

 

朝起きていタタタタ

 

答えはいつだってシンプル

 

例え話をしますね。

 

 

朝起きた時は心臓が静かに動いておりますね

 

つまり血液の流れが超スローです

 

と言う事は筋肉も非常に固くなっていて

動けない状態だ

 

 

逆に、1日の終わりに近い夕方は

 

体は一日中動き回って体を動かしているので

血流も良くなっているので

 

筋肉も柔らかくなっている

 

つまり、腰は痛みから解放されている

 

ほぼ分かってきましたね

 

 

 

 

 

では、質問です。

 

腰が痛くなるのは何故ですか

 

夜寝るからでしょうか?

 

 

違いますよね

 

 

寝ることに因果関係はありません。

 

むしろよく眠る事は大切です

 

眠る前から筋肉が柔らかかったら

 

朝起きた時に

痛くなる事はありません

 

 

けれど、何故か生活の疲れをそのままに

結びつけてしまう人が多いんですね。

 

 

だから、その日の疲れをその日のうちに

取り除けば良いのに

 

その作業をサボるからいけないのです

 

自分の疲れは自分で除くしかないのです

1日の終わりに体を


引いたり伸ばしたり
疲れた筋肉を十分に

手入れをする事です

当然のことですが筋肉は喜びます

次の朝駄々をこねて固くなり

痛みを発する事はなくなります

 

そんな事は面倒臭い疲れると

わがままを言う方は

勝手にしてください

いずれまた痛くなります

やっぱり腰痛になるのは嫌だと言う方は

ご相談くださいね

 

自由が丘整体院

フリーコール0120-998-203

 

ホーム